Profile

こんにちは、アラサー腐女子、80kg、コミュ障から
本気で婚活&成婚した羊村メリーです。

このブログでは、コンプレックスの塊(デブス、歯並び悪い、コミュ障、友達少ない、腐女子、自己肯定感低い…)だった私が、「でも、やっぱり結婚したい!家族を増やしたい!!」と思って婚活→成婚した記録と、婚活を成功させるための戦略について書いています。

詳しい婚活ヒストリーについては、下記でもまとめていますが、ここでも少しご紹介しますね。

【婚活ブログ】メリーの婚活ヒストリー まとめ婚活ヒストリーの記事数が多くなってきたので、 時系列にまとめてみました^^ 本気の婚活(ネット/アプリ)を意識するまで 【婚活ブロ...

コンプレックスに振り回され、自分の意思を持てていなかった婚活前半期

多重コンプレックスの中でもがいていた20代前半

そもそも、普通に生きてきて出会いとか一切ないタイプの人間として生きてきました。

小、中、高、大…ぜーーーんぶ共学なのに、
まじで出会いゼロ。

なんなら中高はいじめられていて暗黒歴史ですし、
そんな中でも優しくしてくれる人とか
大天使すぎてもちろん他の女子にも大人気。

当然、私と何かが始まることなんてありません。

周りは当たり前のように彼氏ができて、
別れて、また彼氏ができて…なんなら同棲しているという噂を聞いたりもして(笑)。

そんな当たり前が、私には訪れない。

諦めと、でも諦めきれない気持ちで
ぐるぐるしていたのを覚えています。

当たり前が私には訪れない、彼氏ができない理由。
振り返ってみると、コンプレックスの塊のネガティブ女だったから…かな、と思います。

  • 可愛くない(容姿がブス)
  • デブ(80kg)
  • いじめられていて自信がない。「私なんて…」って本気で思っている
  • ファッションセンスがなくて魔女みたいに上下黒い服をきてしまう
  • 猛烈なコミュ障、対人恐怖症
  • 熱烈な腐女子
  • いじめられていた時の気持ちがフラッシュバックする

…今書き出してみても、そうだったな…と思うし、
自分で自分を抱きしめてあげたいな…って思います。

当時の私は、自分のダメなところを探し回りながら生きている状態でした。

うまくいかないのは自分のせいだと思っていたし、
ダメなところばかりで本当に辛いと思っていた。

なんなら、いじめられている方にも理由があるみたいなクソ言説を真に受けて、「やっぱり…」とか思っていることもありました。

社会人になり、一念発起して痩せた→二十代中盤なのに婚活パーティで大撃沈

社会人になって、可処分所得が増えたことで、
ダイエットに対して一念発起。

ホットヨガに通って60kgまで痩せました。

流石にシルエットも変わったし、
これ、自分行けるんちゃう…?って
ある意味天狗になったというか、

「流石に、痩せたら彼氏できるやろ?」

って思ってたところがあったんですよね。
勘違いだったんですけど。

痩せたことで自信を持った私は、
コンプレックスを克服したような気になっていました。

そんな折、偶然友達から「行ってみない?」と
誘われ、婚活パーティーに行って…

大・爆・死。

誰からもフリータイムに話しかけてもらえず、
両隣の友達に気を使われながら(涙)
婚活パーティー会場をそそくさと後にしました。

もう、それで克服できたような気になっていた
コンプレックスたちが一気に噴出して。

私、二十代中盤で誰からも声かけられんとか、本当、もうこんなの結婚無理だわ…

…となり、しばらくの間休眠期間に入りました。

コンプレックスがあっても、断られるかも知れなくても。やっぱり結婚したくて選んだネット婚活

休眠期間に入ったまま、何もしない時間を過ごした私。
婚活再開のきっかけは、数少ない友達の結婚式でした。

結婚式にめちゃくちゃ感動した私、
「やっぱり…結婚したい…」という気持ちを再び持つようになりました。

でも、もう婚活パーティーには行きたくない。

ある意味消去法で選んだのがネット婚活、
その中でも女性無料でもやりとりができたユーブライドでした。

ユーブライドでは、写真を載せていない、
二十代中盤、体型もややぽちゃで掲載できたことから、
ボチボチの数のメッセージをいただき(1日100通とか、そういうのは全くなかったけど)、
その中の一人とお付き合いができることに。

メリー
メリー
ネット婚活ってすごい、って感動しましたね…婚活パーティーの時みたいに、周りとあからさまに比べられることもないし…

しかし、ユーブライドでできた初めての彼氏とは、
一年を過ぎた頃からやや疎遠になる雰囲気を感じることに。

忙しいという言葉を真に受け、
でも婚活サイトで出会ったわけだし…と
根拠のない想像に縋っていましたが、
結局、一年半後に破局を迎えることになります。

婚活サイトで出会ったのだから、
(もちろん)結婚を考えてくれているだろうと思っていた私と、
「メリーとの結婚は考えられない」と思っていた相手。

別れは必然でしたが、
私はなかなか諦めがつきませんでした。

  • もう、私と付き合ってくれる相手はいないかも知れない…
  • 年齢も上がったし、出会えないかも…
  • やっぱり私はダメなんだ…結婚に向いていないのかも…

いま考えると、「それ、全部執着が見せている幻覚だよ!そんなことあるわけないじゃん!」と思うようなことを真剣に悩んでいましたね…。

とはいえ、一度婚活で付き合う→別れまでを経験したことで見えてきたことがありました。

それは、婚活には戦略が大事だってこと。

相手に選ばれるのを待つのではなく、
「きっと相手がXXしてくれる」と
勝手な期待で相手任せにするのでもなく。

自分で決めて動かなきゃ、求める理想の未来は訪れない。

ユーブライドの元彼氏と別れたけど、やっぱり結婚したい、だから動く!と決心した私は、次の婚活方法と、自分の婚活戦略について改めて考えるようになりました。

婚活には戦略が大事だと気づく

戦略が大事と気づいた…と書きましたが、
ここでいう戦略は、小手先のテクニックではありません。

もちろん、清潔で似合う洋服を選んでいくとか、
髪に艶を出すとか、そういう努力は素敵だし大切。

でも、もっともっと大切なのは、

1)自分がどういう相手と結婚したいと思っていて、
2)そのためにどういうアプローチをするかということ。

だったんですよね。

自分の本気の気持ちを確かめて、
その上でどういう行動をとるか…
それが、婚活における戦略だと気づきました。

ユーブライドで出会った彼氏と別れるまでの私は、これがしっかり立てられていませんでした。

自分のコンプレックスに目がいき過ぎていて、
「こんな自分と付き合ってくれる人なんていないかも」
「私のことを好きになってくれる人が好き」
って本気で思っていたので。

でも、これって相手に選択権を渡したっきりにして、
自分の選択権を放棄しているに等しかった。

自分を理想の未来に連れていきたいなら、
自分自身で動くのが一番の近道。
そのためにも、「まずは自分を知ること」が大事です。

メリー
メリー
本当、コンプレックスに目が眩んで、これに気づくのが遅くなりました…

それが分かった上でなら、どういうアプローチをすればいいのか、自ずと答えが見えてくる。

例えば…
「私は趣味の時間を大切にしあえる相手と結婚がしたい」のなら、「プロフィールに最初から「趣味を尊重し合える方と出会えると嬉しいです」と書いておく、とか、

「一年以内に結婚までの道筋を立てたい」なら「最初に付き合うと決めた段階で、結婚を前提に考えていることをしっかり伝える」とかですね。

逆に、自分の気持ちがはっきり分かっていないと、
「周りから見て良い条件(イケメンとか年収とか…)」に引きずられて、本当の自分の気持ちを見失ってしまいます。

自分を見つめた結果が、「表参道の素敵なマンションに住んでお金持ちの妻として暮らしたい。そのためにどんな努力でもする」なら、年収をしっかりチェックするのは大事だし、自分の気持ちとも一致しているから問題なし。

でも、なんとなく周りから見て良さそう…だと、結局自分じゃなくて周りの意見で判断しちゃっている。

それだと、自分の理想とする状態には
いつまで経ってもたどり着けませんよね。

私も、気づくのに時間がかかりました。

メリー
メリー
気づくまで、めちゃくちゃ年収に引きずられていましたね…(正直者)

でも、気づいたら未来は変えられます。
三度目の正直として、私は次の婚活先にブライダルネットを選びました。

三度目の正直で婚活成功。(ブライダルネット)

ブライダルネットでの婚活は、
今までの総力戦でした。

プロフィールの書き方、
やりとりのペース、
写真…

相変わらず、コンプレックスが頭をもたげてくることはあった(リアル日記として残してあります)けど、
「やっぱり結婚したい!」っていう自分の気持ちははっきり分かっていたので、乗り越えられました。

結果、私はブライダルネットで初めて会った方(一人目さん)と無事成婚。

一人目さんは、私の理想の条件をほぼ全て満たしていて、自分でもびっくりしました。

私が長年抱えていた歯並びのコンプレックスも粉砕してくれましたし、「この人だな」って思う、という婚活ブログの先輩方のコメントは本当なんだなって思いましたね。

【婚活】歯並びがずっとコンプレックスだった私。でも、自分と相手が見ているポイントは違った。外見コンプレックス。誰でも何かしらはありますよね。 私にとって一番コンプレックスだったのはデブな体型よりも…歯並びでした。 ...

まとめ:コンプレックス持ちでも幸せな婚活&結婚はできる。

変えられるものから変えられないものまで、
コンプレックスの総合百貨店状態。

普通に生きていたら恋愛市場にも上がれなかった私ですが、

  1. 「結婚する」と決めて、
  2. 自分のこと、理想の条件を洗い出し、
  3. それを叶えるためのアプローチを考えて実行する

という3つのステップをしっかり踏むことで、
理想の相手との結婚を掴むことができました。

ちなみに、コンプレックスは少しずつ解きほぐしていますが、
今もまだ完全に無くなったとはいえません。

完全になくなる日は来ないかも知れない、と思います。

でも、でもね。
コンプレックスで自分を痛めつける必要は、
本当になかったんだな…ということに、
婚活を通して私は気づきました。

自分こそが、自分を大事にしてあげていい。
自分の理想のために、自分で動いていった方が、
最短距離で理想を掴みに行ける。

このことを伝えたくて、
あと、同じように悩んでいる人がいたら
参考例の一つにしてもらえたら嬉しいと思って、
このブログを作りました。

質問などありましたら、お気軽にコメントやメッセージなど
いただけると嬉しいです!

お読みいただきありがとうございました^^