婚活マインドの話

【過去日記補足】家族がいつまでも元気かは分からない。やりたいことは早くやってみた方がいいと思った話

やりたいことはすぐにやろうと思ったきっかけ

家族って、いつまでも元気でいてくれるような気がしませんか?

私も、正直父を突然亡くすまではそう思っていました。
でも、別れはある日本当に突然訪れるかもしれないものです。

実は、過去のリアル日記で一度婚活に向き合えなくなった時期があった(074〜078くらい)のですが、これ、父を突然亡くしたのが理由です。

当時は、ぼかして書くしかなくて、
また、自分の中でも消化できていないことばかりでした。

が、時間が経ったこともあり、今回は少し過去記事の補足として、「もっと早く転職活動・婚活を進めておけばよかった、やりたいことは今やってみよう」「始めてみることが大事なんだ」と思ったときの話を書きたいと思います。

※リアル日記の該当記事はこの辺りです↓

074-ご無沙汰しております。婚活意欲根こそぎ減退中。こんにちは、メリーです。 ご無沙汰しております…!ほんっとうに、色々なことがありました。 ※婚活関連ではありません。。。 魔の...
077-心の許容範囲が狭まっていることによるあれこれこんにちは、メリーです。 相変わらず、仕事・睡眠・食事以外に対するやる気が出てこない毎日を 過ごしています。 こんな無気力なま...

突然の父の死……「結婚したい」ってずっと思っていたのに、結婚式にお父さんを呼べなかった

私がちょうど、1人目さんとの交際を始めて数ヶ月、
ゆっくりと関係を深めていた頃、
突然、父がくも膜下出血によって倒れました。

あまりにも出血が大きく、かつ意識もなく。
救急車がついた頃には、呼吸をしていない状態だったそうです。

救急隊の皆様と、病院の皆様のおかげて、心臓は動いたものの、
意識が戻らないと手術をすることもできないという話でした。

私の実家は地方にあり、 上記の連絡を受けてすぐに
帰省の準備を始めました。
なんとか持ち直してほしい、意識を取り戻してほしいという一心でしたが、
続いて看護師さんからもらった電話で「脳死状態」という報告でした。

また、今日がヤマであると。

その時ほど急ぎに急いで空港に向かったことはなかったです。
自分至上最高に急いで帰省し、
なんとか集中治療室の父に会うことができました。

また、 体は健康だったためか、
今日がヤマと言われてから数日間、父は頑張ってくれました。

本当に本当に辛い出来事でしたし、
その時、なんで自分はもっと早く婚活をしなかったのかと思いました。

実家に挨拶に来る婚約者を迎えたり、
結婚式に出たり、
孫を抱いたりしてもらいたかった。

でも、できなかった。

むしろ、ちょうど転職活動を終えて転職したばかりの年だったこともあり、
心配ばかりかけていたように思います。

メリー
メリー
生活費が足りていなかったら…みたいな電話もらったこともありました…。結局もらわなくて済みましたが

子供の中で私が一番年齢が上でしたし、
結婚願望だって結構ある方で、
だからこそ二十代中盤にかかったところで
すぐに婚活パーティーにも行ってみたわけで。

まさか、父を結婚式に呼べないなんて思ってもみなかったんです。

なんでもっと早くやらなかったのかな、
転職活動をもっと早く動けば…
婚活だってもっと早くできたはず…

本当に、すごく後悔したのを覚えています。

父は結婚式に呼べなかったけど、結婚相手とはこのタイミングでしか出会えなかったと気づいた

亡くなってすぐは、後悔&後悔という感じで落ち込んでいました。

どうやったら持ち直せるのか?
本当に時間ぐすりなんてあるのか?
と思っていましたね。

結局、当時はゆっくりゆっくりと日常に戻っていったものの、
一人目さんにも、周りの方にも気を遣わせたな…と思います。

仕方のなかったこと、と一旦納得しつつも、
「なんでもっと早くやらなかったんだろう」
と内心でフラッシュバックするみたいに後悔が押し寄せてくることも。

自分の感情コントロールがまだまだど下手くそな頃だったので、
心の整理に時間がかかりました。

その後、かなり時間が経ったある日、
偶然読んだ宮本佳実さんの本(どの本だったか見つからず…)で、
ようやく腑に落ちたんですよね。

自分にとって一番いいようになるから大丈夫!(by宮本佳実さん)

初めて読んだときは、一番いいようにってなんだよって思った(正直/笑)のですが、
「あ、こういうことなんだな」と思えた日があったんです。

一人目さんと出会うタイミングはこのタイミングだったし、
婚活を始めるのも遅かったとはいえ、
でも、それが自分のベストタイミングだった。
婚活、一人目さんと出会えてなかったら意味なかった。

ああ、自分…一番いいようになってた。

そう素直に思えたのは、結婚しようと思った私が、
実際に行動を始めていたからだと思います。

その時婚活について、転職活動について本気で動いていなかったら、
もっともっと後悔したはず。

それでも、

自分がやりたいと思ったことは、未来じゃなくて今、やってみる。

これは、本当に私にとっては戒めでもあり、希望でもある言葉です。

後悔はするかもしれません。
でも、やらなかった後悔より、やってできなかった、やって間に合わなかった後悔をこれからの人生で味わっていきたい。

今回のコロナ禍でも、この思いは一層強くなりました。

「今」何をする?やりたいことは今はじめてみよう

今回のコロナ禍でも思いましたが、
「いきなり日常が変わってしまう」ことって、現実として存在します。

めちゃくちゃパーソナルな話でしたが、「今やれることは今やる!!」と本気で思うきっかけになった出来事なので、書いてみました。

あなたは、やりたいことのために、今から何をしますか?

お読みいただきありがとうございました!