婚活時代のリアル日記

062-結局、好きだという気持ちを大切にしようと決めた話

こんにちは、メリーです。

先週くらいから(下手したら最初から)、ずっとうだうだグダグダ考えていましたが、
今週会ってきて、 出会ってまだ3ヶ月くらいだけど、
やっぱり好きやなあ…という気持ちに戻ってきました。

どこが?と言われるとアワアワしてしまうのですが、
会い終わって、また早く会いたいなあと思うし、
楽しかったなあと思うし、
色々一緒にやってみたいなあと思うこともあるし。

…というこの付き合いたてのカップルは誰しも持つような気持ちも、
私にとっては大変新鮮な気持ちでして。

もちろん、重大な秘匿が無いか、詐欺ではないかという点について
心の片隅に留めておくつもりですが、
好きだなあ…という気持ちに素直にしたがって、
「確認しなくちゃ!」という焦りをぶつけるよりも、
この「好きだなあ…」という気持ちを伝えられるようにしたいです。

卑屈になったり疑心暗鬼になったりしていることが多々ある、
自信…とは…?という人格のメリーですが、
しばらく「素直さ」をテーマに言葉を選んで行こうかな、と思います笑

…素直に人の好意や言葉を受け取れる人になりたいです。
自分の絶対評価が低いので、「そんな上手い話があるわけ…」みたいに思っちゃうけど、
それって相手のことを疑っているということにもなりますもんね。

自己承認が正当にできる人はとても魅力的だし、そうなれるといいな。

ーーーーー

お読みいただきありがとうございます。
クリックしていただけると励みになります。

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村


婚活 ブログランキングへ