婚活時代のリアル日記

054-奢られたときの態度の話 ver. 2.0

こんにちは、メリーです。
もはや週期ブログとなっていますが、その時々の考えを記録しておきたい
(あと、書くことで冷静になりたい)ので、ブログは続けて行きたいと思っています。

さて、タイトルの話。
以前、 奢り奢られに対する考えを書いたのですが、それからはや一ヶ月半ほど過ぎまして。

ぜんっぜん可愛く奢ってもらえてない現状をここに報告いたします…。

自分の方が薄給な自覚はあるのですが(今夏はボーナスも無いしw)…
奢ってくれるという気持ちがありがたく嬉しいのですが…

どのタイミングで出した財布をおさめるべきなのか分からん今日この頃です。

やっぱり、ずっと奢ってもらって、気遣ってもらって…というのは悪いなあと思いますし…。
そうしてもらえるだけの価値ある時間をご提供できていない(サービス業…?)という
自覚もありますし…。

せめて、奢って良かったなあと思ってもらえるようにしたいのですが、
「ああああすみませんありがとうございます…!」みたいな、特に先輩が奢るという習慣の
無い会社でまれに先輩が奢ってくれたみたいな対応しちゃってるんですよね…。

世の中の奢られマスター(?)な可愛い女子たちは「ありがとう〜!」って感じなんですかね。
合コンも一回(おまけとして動員された)しか行ったことないので、よく分かりません。

どうやってお礼されたら嬉しいんだろうか。

まだ家に呼ぶとかもないので、料理(トラウマ笑)を作るとかも出来ないしな…。

ちょっと恋愛関連のウェブサイトでサーチしてこようと思います。

ーーーーー

お読みいただきありがとうございます。
クリックしていただけると励みになります。

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村


婚活 ブログランキングへ