101-腐女子キモいって人と、私は結婚できないから、実際こうしました。

こんにちは、メリーです。

タイトル、謎の上から目線になってしまいましたが、端的に言うと
「人の趣味にケチをつけてくる人とは、私は友達になれないし、
もちろん夫婦にもなれない」
と思っている、という話です。

婚活を始めた時、私は腐女子を死ぬまで隠し通す自信も決意もなく、
(捨てられない大切な本がたくさんあるんや・・・!笑)
とはいえ最初から腐女子を前面に押し出していくのも
自分から不利に突っ込んでどうすると思って迷っていました。

正直、腐女子という趣味は、比較的気分を害する方のいる方の趣味だと思います。
とはいえ、人が気分を悪くするからと言って止められるなら、
こんなに長く腐っていないわけで。

むしろ、腐女子をやっていたからこそ乗り越えられた、
どどめ色の高校生活があったわけで。

(いや本当に、アニ○イトさんには助けられました・・・。
クラス違いで話すことができるようになった人とか、
ほとんどがアニ○イト仲間だったわ・・・。)

腐っていたからこそできたつながりや、
乗り越えられたことがあるからこそ、
結婚したい!という希望を持った時も、
止められる自信は全くありませんでした。

というか、タイトルの通り、キモいとかやめろとか言う人とは
一緒になれない、と強く思いました。

趣味が合わない・・・ことは多々あれど、
趣味を許容できない人とはうまくいかない。

もちろん、腐女子が嫌だと思う方がいても当然です。
人それぞれの考えがあるし、嫌な思いをされた方もいるかもしれないので。

ただ、自分が伴侶を見つける時には、理解はされなくても
尊重し、放置してくれる人と出会いたいと思いました。

で、その希望を叶えるために、実際のプロフィールにはどう記載したかも書きます。

まず、オタクであるということ、
それぞれの趣味を尊重できる人がいいということは、
はっきりプロフィールに記載しました。

また、どういう漫画や本、アニメを見るのかということも、
割と幅広く記載しました。
ジャンプ系〜少女漫画〜歴史系〜魔法少女などなど。

実際に一押しのジャンルというか、同人活動をしていたジャンルも
記載しましたが、それだけではなく、好きだと思っているものを
幅広く書き、ちょい話そうでの会話のきっかけ作りをしました。
(好きなものの方が熱意を持ってかけるタイプのため)

また、ここまでずっと「腐女子であることを許容できる人と付き合いたい!」と
書いてきましたが、腐女子であることはプロフィールには記載しませんでした。

プロフィールは相手との会話の糸口を見つけるところであり、
いきなり「腐女子です!」と書いてあっても意味がないと思ったからです。

一方、お付き合いをしたいと思う人には、
交際が進展しすぎない段階(最低でも、プロポーズよりは前)で
しっかりお互いの趣味の話をする時間を設け、
タイミングを見て打ち明けたいと思っていました。

婚約してからのカミングアウト→婚約破棄は、
お互いダメージが大きすぎるので・・・。

何度も実際にあって、話をして行けば、
趣味に対する姿勢もわかってくるのではという思いもありました。

・・・と、ここまで考えてプロフィールを記載し
ブライダルネットを始めたのですが、
結局一人目さんにいつ腐女子であることが知れたかというと、

告白された直後でした・・・。

ここまで偉そうにいろいろ書いておいて、
全然腐女子感が隠しきれていなかったことを、

ここに報告申し上げます・・・。

ちなみに、そこまでの面接で、二人とも正真正銘オタクであることは
分かっていたので、「もしかして・・・」という感じでした。

夫婦になった現在は、元気に聖地巡礼したりしています!
(ほとんどの休日は引きこもっていますが!!!!)

ブライダルネット

ーーーーー

お読みいただきありがとうございます。
クリックしていただけると励みになります。

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村


婚活 ブログランキングへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です