100-コミュ障で、ずっといじめられてきたデブスがどうやって婚活したか。

こんにちは、メリーです。

100記事の節目なので、婚活のまとめを書きたいと思います。
コミュ障で、中高がっつりいじめられてきた系デブス腐女子が、
どうやって婚活をしたかまとめました。

先に結論から書くと、

1 自分でやると決めて行動し、
2  自分にとって不利が少ない方法を選び&試し、
3  自分なりにできるだけ「整えた」状態で会う。

という当たり前の3ステップが大切だったな、と思います。
婚活中の女子ならだいたい誰でもやることのような気もしますが。

ーーーー

私は、正直結婚できるとは思いませんでした。

中高と本当に様々な手数を尽くしていじめられていたし、
控えめに言ってどすこい系デブスですし、
歯並びも最低だし、豚鼻だし、
性格だけは良くあろうと努力していたけど、
特に男性からのいじめを受けていたこともあって、
周りを愉しませるようなこともできない
飲み会もとにかく隅の席でじっと終わるのを待っていたいタイプでした。
(あ、飲み会は今もだわ)

このブログでも、まだ自分を粉飾して書いていて(笑)、
偉そうに美容室でちゃんとやってもらうと良かった!とか
書いたりしていますが、
美容室行く前は緊張&緊張で、マックでアイスコーヒー飲んで
精神を落ち着けてから行くような人間です。

あ、高い美容室でやってもらうのが良かったのは本当です。
ちゃんとした髪型だと一気にまともに見えました。

そんな自分ですが、婚活をして、実際に結婚生活をスタートすることができました。
こんな未来が訪れることは、高校の自分や大学の自分に
言っても信じてもらえないと思います。

実際、一人で生きていくしかないと思って必死で勉強して
大学入りました(笑)
(就活でコミュ力のなさから大大大苦戦しましたけど!)

就職してからも順風満帆とはいかなかったですが、
なんとか一人暮らしを続けられるような仕事を続けられました。

そうこうしていると、友達は徐々に結婚を決めていき。
素敵すぎる結婚式に参加したことで、
「私も結婚したい」という気持ちが高まっていきました。

それまで一度も彼氏などという存在ができたことなかったのですが、
結婚したい、そして子供を育ててみたいという気持ちは高まるばかり。

とはいえ、普段の生活で出会いなど一切ありません。
職場も女性ばかりでしたし、もっと言うなら独身ばかり。
紹介も、友達に申し訳なくて頼めませんでした。
(自分のくそプライドで、メリーには紹介できる人がいないと
言われたら立ち直れないと思ったからです・・・。)

その頃、人生初のダイエットに成功していたので、
少しの自信と勇気を持って婚活パーティーに突撃し、、、、

撃沈しました。笑

何度も経緯は書いたので割愛しますが、
とにかく箸にも棒にもかからない状態で。

少しくらい痩せただけじゃ、やっぱり自分はダメなんだと落ち込みました。
よく考えると、中学時代は運動部で痩せていたので、
別に痩せたら激変するタイプとかでもなかったです。

撃沈して落ち込んで、でも唯一よかったことは、
場所を変えることを思い立ったこと。

婚活パーティーは向いていない。
見た目だけで判断される場所で選ばれるものを、
自分は何も持っていない。

なら、初対面の見た目で判断されない場所で勝負をする。
そこに行き着きました。

年齢とか、正社員とか趣味の一致とか住まいとか、そういう条件と、
何度もやり取りをして、お互いの志向が一致していることを
確かめてから会えるネット婚活は、私に向いていたと思います。

何度もやり取りをしてから会ったので、
見た目でいきなり帰られることもなかったし、
ちゃんと面接が成立しました。

当時初めて使ったネット婚活はユーブライドで、
その時出会って付き合った方とはご縁がありませんでした。
(メリーとの結婚は考えられないと言われた(=元彼)のはその人です。
が、今考えると、その人の結婚願望を薄めてしまったのは私自身で、
出会った段階ではちゃんと考えていたんだろうなあと思います。
当時は本当ありえないむかつくと思うばかりでしたが・・・。)

その後、2年越しにネット婚活に舞い戻り、
今度こそ結婚!とブライダルネットに登録。
一人目さんと出会い、今に至ります。

ネット婚活という手段があって本当によかったです。
ネット婚活がなければ、同じ年齢では絶対結婚できていないと思います。

結婚したいという気持ちは強かったので、
もう少し年齢が上になって、貯金ができたら
結婚相談所に登録していたのではないかと想像します。

自分語りが長くなってしまいましたが、
コミュ障いじめられデブスだった(一部今も)のメリーが
婚活で大事だと思ったことは、

1 自分でやると決めて行動し、
2  自分にとって不利が少ない方法を選び、
3  自分なりにできるだけ整えた状態で会う。
(大根から土を落とす的な・・・)
  
3については記載不足ですが、美容室でのヘアセットや化粧、
スタイル良く錯覚させる服などです。
自分にとっての後悔を減らす意味で、できるだけのことをしました。

いきなり美人にはならないですが、
ありのままの自分という土付き大根を洗って、
せめて枯れた葉っぱを切るくらいはね・・・と思っていました。

相変わらず人から声をかけられたりは一切しませんが、
手前の段階でちゃんとやり取りをしていると、
補正がかかるのか、会った瞬間に帰られることはなかったです。

(ちなみに、大学くらいまではあからさまに他の子と差をつけて扱われること多々でした。
社会人っていいですね・・・表向きは平和になりました。それまでと比べると。)

まとめると、
そもそも美人でも可愛くもない自分を理解して、
いろいろ試して行動したことが一番大切
だったかな、と思います。

いくら可愛くても、「専業主婦になりたいな〜」と言うだけで
一切行動しない人は、今も専業主婦志望独身なので。
(ガチ美人だと違うのかもしれませんね・・・想像ですが。)

というわけで、ネット婚活には本当に感謝しています。
自分みたいな日常世界で出会いのないタイプで、
結婚したい!という人には友人にもおすすめしています。

なお、私は怖い思いや辛い思いをしたくなかったので、
かなり厳選に厳選して、やり取りが続かなかった人とは
一切会わないというやり方でやっていました。
(会うまでにかなりの回数やり取りをしました。)

会ってみないとわからないという方針で婚活されている方も
たくさんいるし、それが向いている人もいる(というか多い?)と思うのですが、
それだけが正解じゃないのでは?と個人的には思っています。

自分に合った方法が何か考えて、とにかく試すのが大切なのかなと。

私も、婚活は区切りをつけたので、次のやりたいことのために
またいろいろ試していきたいなと思います!

ブライダルネット

ーーーーー

お読みいただきありがとうございます。
クリックしていただけると励みになります。

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村


婚活 ブログランキングへ




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です