099-風邪をひいて実感する、夫がいる生活のありがたさ。

こんにちは、メリーです。
100記事目指して書いてきたこのブログも、やっと、やっと99記事に到達・・・!
(一人で)ちょっと嬉しい気分です。

さて、タイトルの話ですが。
この数日、思いっきり夏風邪を引いてベッドから離れられない日々を送っておりました。

喉の違和感→体のだるさ→38度台まで熱が上がる→一時間ごとに目が覚めて寝れない・・・
ようやくパソコンを触る気になるくらい回復したので、
ブログを書いています。

季節の変わり目に体調を崩すことが多い方なのですが、
ここまで細菌かウイルスに感染しました!!
はい38度台後半!!という症状が出るのは久しぶりでした。

本当に辛かったです・・・眠れない汗がでないのがこんなに辛いとは。
久しぶりだったのですっかり忘れていました。

で、タイトルの話。
正直、本当にいてくれてよかったと思いました。
ゼリーを買いに行くのも億劫なレベルで(近くにコンビニあるのに・・・)
ベッドに縫い付けられていたのですが、
夫がご飯作ってくれて、
必要なもの買ってきてくれて、
ただ、そこに居てくれる。

弱った時に伴侶が欲しくなる人の気持ちがめっちゃ分かりました。

昔、一人暮らしで、もうポカリを買いに行くのも辛くて困っていた時、
偶然同じ建物に住んでいた同期が買ってきてくれたポカリとゼリーは、
本当に命をつなぐ食料でした。

が、そんないつでも都合よく同期が同じ建物or
近くに住んでいるということもないわけで。

正直、日々の生活の中では喧嘩をする時もあるんですけど、
存在しているだけで助かるしありがたいな〜ということを
実感した夏風邪生活でした。

まあ38度台でこんなギャーギャー言ってるアラサーはどうかという話はさておき(笑)

同棲してから、お互い何度か体調不良の時があるのですが、
私も同じような価値を与えられて・・・いるといいな・・・どうかな・・・

少なくとも、ようやく体調回復してきたんで、
週末はちょっとご飯作り頑張ろうと思います!

ーーーーー

お読みいただきありがとうございます。
クリックしていただけると励みになります。

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村


婚活 ブログランキングへ

ブライダルネット




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です