076-いちゃいちゃできるコンディションじゃない話

こんにちは、メリーです。

今回はいちゃいちゃ(死語)に関することなので、直接的表現は
ありませんが折りたたみます。

しかもうだうだうだうだしてます…

 


…一人目さんに会ってみましたが、本当に全然いちゃいちゃする気が
湧かなかったんですよね。

原因としては、以下の2点かなと思っています。
1)9月に起こったあれこれのことに完全に気持ちが持って行かれている。
2)そんな中で休憩したいといわれても全く気が向かない。

1)の事象は、一人目さんは全く関係がないけど、少なくとも
四十九日が明けるまでは心情的にちょっと…という気持ちがありました。

ただ、上の気持ちを全く伝えられないまま、休憩しない→じゃあデート終了、
になってしまったので、あー…これは…と落ち込んでいます。

もちろん、いちゃいちゃを拒否した状態でいつまでもいられるとは思いませんが、
せめてそうしたくない理由をきちんと話さないといけなかったですよね。
久しぶりにデートをする、となったわけですから、一人目さんとしてはそうしたい
気持ちがあるのは自然なことと思います。

それまで、空元気ではありましたが回復したというトーンで話をしていただけに、
そこからいきなり「無理です」となると余計気分を害しますよね…

…こういう大切なときに間違うのが非常に私らしいところではあります。

これまで、本当にこの人と結婚できたらいいなあと思っていましたし、
9月のあれこれの間も待っていてくれたので、とてもありがたく思っていたのですが…。

でも本当にいちゃいちゃも、休憩もしたい気持ちじゃなかったんですよ…
それを、デート始まる前から伝えておく必要があったのかも。

なかなか上手くいかないものですね!
ホントどうやったら共同生活を営める人と成婚に至れるんだろう。。

ーーーーー

お読みいただきありがとうございます。
クリックしていただけると励みになります。

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村


婚活 ブログランキングへ




 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です