059-交際相手に対する疑念を提示された話

こんにちは、メリーです。

今日はちょっと考えさせられることがあったのでブログに書き留めておきたいと思います。

今週末、友人とご飯を食べてきました。
新しくおつきあいすることになったので、その話を軽くしていたのですが、
友人から次々と私の交際相手に対する否定と疑念が溢れ出してきて。

私自身も付き合い始めてから今までの間、頭をよぎったことだから、
最初に頷いたのが良くなかったんですかね。

・そもそも年下はありえない
・何でもないときに好き好き言ってくるのは怪しい
・何故好きなのかをはっきりさせるべき
・休みが合わないのは無理
・メリーのどこを好きになったのか(それが言えない場合は怪しい)

笑って流したけど、最後の方は笑えなくなりました。

まだ一ヶ月しか付き合っていなくて、上記の疑念を晴らすだけの手持ちもなく、
かといってせっかくおつきあいをできた相手を疑う気持ちも今のところ無く。

もっともな疑念もあれば、それはその人の恋愛観による主観なのではないかという
こともあったのですが、地味にMPを削られました。

その友人の友人は、ネット婚活で結婚された後苦労されているようなので、
心配してくれたのかとは思いますが…。

たしかに、メリーはお世辞にもモテるタイプとは言えませんし、
というかデブスですし、(この言葉はあまり使いたくないけど、、)
私も見た目が好きとかわけわかんないなと私自身思います…。

一回信じるとどこまでも信じてしまうところがあって、
自分で自分に不安感はありますが…とにかく、お金の貸し借り、名義の貸し借りは
絶対絶対絶対しない!!というルールだけは守って、
もっとたくさんお話をして、見極めていかないとな…と思います。

付き合ったからゴールじゃなくて、本当にこの人と結婚するのか見極めるのが
大切なことですもんね。

しかも自分が年上で、自分の方が結婚に対してスピード感を求めているわけだから。

今日は一気に不安が生まれましたが、1年経ってから生まれるよりいいか、と思うことにします。

あーもうほんっと自分のことって分からないですね…。

ーーーーー

お読みいただきありがとうございます。
クリックしていただけると励みになります。

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村


婚活 ブログランキングへ




 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です