015-腐女子であることをどう扱うか。

こんにちは。メリーです。

そういえば、タイトルにもしているのに腐女子云々については
まだ書いていなかったですね。 

中学生のとき市立図書館に置いてあったBL小説(確かホワイトハート) を
たまたま手に取って以来はや10数年、一度も腐女子であることを辞める
時は来ませんでした。多分、これからも来ません。笑
なので、腐女子であることをどういう風に相手に伝えるか、ということは
婚活にいたるよりも前からある程度考えていました。

先日ブログに書いた「土日になにしているんですか?」も、「諸々含めて妄想してます!!」
と言えれば話は早いのですが、なかなか初手から腐女子です!とは言いづらいです。

そこで、最初のフィルターとして、オタクであることはプロフィール欄に書きました。
相手がオタクかオタクでないかはどちらでもいいのですが、「オタクは無理です!」
という方に避けてもらえるかなあということで。

腐女子であるかどうかについてはお付き合いしてから徐々に明らかにする(笑)として、
オタクという存在に対する許容度と、時間の使い方、会うペースについては
早めに確かめておきたいな、と思っています。

というのも、趣味(という名の妄想)に時間が欲しいので、ある程度お互い
好きなことをやれる関係、土日はべったりいつも一緒!じゃなくてもOKな関係が希望だからです。

その辺りの考え方については、LINEでやりとりをする間や実際お会いする中で
確かめていきたいです。

ーーーーー

お読みいただきありがとうございます。
クリックしていただけると励みになります。

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です